• 膝の痛み
    膝が痛くて立ち上がれない
    2019年3月18日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて歩けない(歩くと痛い)
    2019年4月7日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて正座ができない
    2019年3月12日
  • 捻挫やその他の痛みから回復 痛み改善ブログ
    長引く捻挫の痛みが消えた!〜痛み改善体験談2〜
    2019年6月20日
  • 痛みが完治 痛み改善ブログ
    右足の太ももの痛みと腰痛が消えた!〜痛み改善体験談1〜
    2019年6月12日
  • 痛み改善ブログ
    肩の痛み事例「肩が痛くて後ろに手がまわらない」
    2019年3月16日
  • 側湾症 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)の改善方法
    2019年6月6日
  • 背中の痛み
    背中の右側(左側)が痛い
    2019年5月9日
  • 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)原因
    2019年4月23日
座骨神経痛の痛みの原因は神経ではなかった!?痛みの本当の原因は・・・
「足の付け根あたりがしびれる」「太ももの裏がぴりぴりと痛い」「ふくらはぎに締め付けられるような痛みがある」こういった症状で、接骨院や整形外科で診てもらうと「座骨神経痛」と診断されるケースが多いです。

実は、この「座骨神経痛」について、多くの先生が誤った認識を持っています。その結果、多くの患者さんは座骨神経痛と診断を受けてからも痛みは改善せず、お尻から足にかけて鋭い痛みやしびれを我慢して生活している方が多いのも事実です。

この記事では「座骨神経痛」の痛みの原因と解決方法についてお伝えします。

実は、座骨神経痛の診断で誤った認識をしている先生が多い

そもそも座骨神経痛とは?
「座骨神経痛」と診断されると病名のように聞こえますが、実は座骨神経痛とは病名ではなく、腰の下あたりから足にかけの痛みやしびれ、麻痺がおきている症状の総称「座骨神経痛」と言います。

整形外科などで座骨神経痛と診断された場合、下の左の画像のように「腰~お尻~太腿裏~ふくらはぎ」と広い範囲に鋭い痛みやピリピリとしたしびれを感じます。また、座骨神経痛は悪化すると10mくらい歩いただけでも、これらの部分に強い痛みやしびれを感じ、歩けなくなることもあります。

座骨神経痛の症状

そして、座骨神経痛と呼ばれている理由は下の画像の見てもらうとわかりますが、ちょうど痛い部分に沿って坐骨神経が通っています。そのため、この神経が圧迫され痛みやしびれが起きているという見解で「座骨神経痛」と診断されます。

坐骨神経

しかし、これは間違った見解です。正しくは、お尻〜足にかけて起きる痛みやしびれが起きているから「座骨神経痛」という症状が起きている。という認識になります。

そもそも、神経は強く締め付けると麻痺は生じますが、圧迫したくらいでは何も起きません。足の裏を想像をしてもらえるとわかりやすいと思います。神経がたくさん通っているのに、全体重がかかって圧迫されていても痛みは感じませんよね?

ちなみに、多くの人が誤解していますが「神経が痛い」ということは生理学上ありえません。なぜなら、神経に痛みを感じる機能は存在していないからです。

この「神経が痛い」という現代医学の誤解から「座骨神経痛」は神経に問題があると診断される原因となっています。神経はあくまで痛みを脳に伝えるセンサーの役割というのが生理学から見た常識です。

痛みのメカニズムについて詳しく知りたい方、は下のの記事を参考にしてください。
痛みのメカニズムについての記事はコチラ

座骨神経痛と診断された方を実際に診てみると・・・

下の写真は「座骨神経痛」と診断された方のどこがどのように痛んでいるのか、痛みを感じる所を一つ一つ丁寧に確認しながらパッチを貼った写真です。また、実際にこのような作業をした人しか分りませんが、押圧すると痛みを感じる箇所の筋肉が硬くなっているのが分ります。
座骨神経痛と診断された女性 なぜこのような症状「座骨神経痛」になるかというと、その原因は仕事に関係している場合が多いです。この女性は立ち仕事で左足に重心をかけて仕事をしていました。

つまり、左足の筋肉に負荷がかかる状態を長年続けた結果、左半身の筋肉が痛み、炎症を起こしたのだと考えられます。これは実際に痛みのメカニズムについて正しい知識と筋肉の構造を理解していないとと見抜くことができません。

そのため、レントゲンに写った異常でしか症状を判断できない多くの先生は本当の原因を見つけることができず、湿布薬を渡してお風呂でマッサージをするようアドバイスするか、冷やさないよう注意することくらいしかできないのです。

座骨神経痛の痛みの原因は神経ではなかった!?まとめ

このように、現代の医学界では神経が圧迫されて痛みが起きていると考えている先生もまだまだ多いです。そのため、正しい治療法がわからず応急処置をして様子をみることしかできないケースが多いのが事実です。

あくまでも、神経は痛みを脳に伝えるセンサーの役割であって、神経自体が痛んでいるわけではありません。(むしろ痛いと感じれると言うことは、神経は正常に働いていると言うことです。)

つまり、その神経の先にある”痛い”と感じる箇所が痛みの原因になります。そして、悪性腫瘍、骨折、感染症、リウマチなどの炎症疾患を除けば痛みの原因のほとんど筋肉にあります

当院ではこれまで座骨神経痛と診断され、症状はわかったけど痛みが改善しないという方をたくさん診てきました。そして、そのほとんどの方が当院で施術を受けて「痛みがよくなった!」と言ってくださいます。

当院独自で開発したイオンシートを使った治療法は痛みの箇所さえわかれば、自宅でも行えうことができます。ただし、痛んでいる状態が一人一人違うので、1回で改善する人、2~3回で改善する人、5~6回かかる人など個人差はあります。

痛みが続くと肉体的だけでなく、精神的にも負荷がかかりますので、早めに症状を改善させることをおすすめします。当院で行なっている施術については下の記事をご確認ください。

腰から足に鋭い痛みやしびれを感じる座骨神経痛の解決方法はコチラです。

おすすめの記事
腰痛がよく起こる筋肉
背中の痛み
腰痛が起こりやすい筋肉(1)脊柱起立筋 腰痛が起こり安い筋肉をご紹介します。 腰痛の80%くらいはこれらの筋肉に起こっています。 あなたの腰...
膝の痛みの原因とメカニズム
膝の痛み
  「膝の痛みはどうして起こるのか?」 昔、国立大学の医学部でドクターと一緒に仕事をしていた時、「おかしいな~」と思った事があります。 それ...
肩の痛み事例「肩が上がらない」
痛み改善ブログ
「肩が痛くて上にあげられない」という方もたくさんいらっしゃいます。 腕をよく使う仕事をされている方に多症状です。 実際に痛みを感じる部分を自...
背中や腰の痛みが解消した方の感想
背中の痛み
千人を超える方々からご報告を頂いておりますが、全部をご紹介する訳にも行きません。参考にして頂けそうな内容を一部ご紹介したいと思います。   ...
膝(皿)の上が痛い
膝の痛み
膝(皿)の上が痛い場合の原因     膝上の痛い部分を確認すると、写真のような感じで痛んでいるのが分ります。(押圧すると分ります)そして多く...