• 膝の痛み
    膝が痛くて歩けない(歩くと痛い)
    2019年4月7日
  • 側湾症 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)の改善方法
    2019年6月6日
  • 痛み改善ブログ
    肩の痛み事例「肩が痛くて後ろに手がまわらない」
    2019年3月16日
  • 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)原因
    2019年4月23日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて立ち上がれない
    2019年3月18日
  • 痛みが完治 改善方法の紹介
    右足の太ももの痛みと腰痛が治った!痛み改善体験談1
    2019年6月12日
  • 背中の痛み
    背中の右側(左側)が痛い
    2019年5月9日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて正座ができない
    2019年3月12日
膝が痛くて正座ができない
 

膝が痛くて正座ができない場合の原因

「正座をすると膝が痛い」「膝が痛くて正座ができない」と言う場合は、正座をするときに伸ばされる筋肉が、伸びない状態になっているために痛みが起こります。

《膝が痛くて正座ができない方の痛んでいる部分を確認した状態》

膝が痛くて正座ができない状態

多くは「内側広筋」「外側広筋」「中央広筋」と言った、膝から太腿に伸びる筋肉が痛んでいる可能性が高くなります。それらの筋肉を押圧してみると、痛いと同時にすごく硬くなっているのが分ります。

正常であれば、ゴムボールのように柔らかく弾力性のある筋肉が硬くて伸びない筋肉になってしまっています。

痛くて正座が場合の損傷筋肉

ほとんどの場合、膝上から太腿の筋肉全体が痛んでいます。

痛くて正座ができない原因の筋肉

膝が痛くて正座ができない場合の解決方法はコチラです。

膝が痛くて正座ができないのは年のせいと思ってほったらかしにしないでください。放置するとさらに膝の痛みが悪化して手術が必要、または最悪歩けなくなる可能性もあります。

「正座できないくらいどうでもいい。」と思わずに膝が痛くて正座ができなくなったら整形外科で早めに診てもらいましょう。膝が痛くて正座ができなくても原因と対処法がわかれば、正座はできるようになります。

膝が痛くて正座ができない人はこんな人

膝が痛くて正座ができない

膝が痛くて正座ができない人は

・変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

・膝の上から太もも前面の筋肉の柔軟性が少ない

などの原因が考えられます。

特に40代以降で膝が痛くて正座ができない人は変形性膝関節症を疑ったほうがいいかもしれません。変形性膝関節症については後ほど詳しく説明しますが、変形性膝関節症を発症すると動作の動き始めに膝に痛みを感じるようになります。

膝に痛みを感じると無意識に膝への負担を軽くしようと太もも前面の筋肉に負担がかかります。すると、太もも前面の筋肉へ過度の負荷がかってしまい、膝の上から太もも前面の筋肉が硬直してさらに膝関節の可動域を狭める、膝が痛くて正座ができないということになります。

10代〜30代で膝が痛くて正座ができない、正座すると膝が痛いという方はスポーツなどで太もも前面の筋肉への負荷が原因で筋肉が固まっていると考えられます。

運動前や運動後に膝の上から太もも前面の筋肉のストレッチをしっかり行わないと、筋肉の柔軟性が失われ膝がロックされた状態になります。

この場合は、膝の上から太もも前面のストレッチで筋肉の柔軟性を高めることで改善できることが多いです。

膝が痛くて正座ができない時の解消法

膝が痛くて正座ができない原因は年齢やその人の骨格などによって変わりますが、主な原因は膝の上から太もも前面の筋肉が炎症を起こしている、膝の上から太もも前面の筋肉が凝り固まっていることです。

先ほど膝が痛くて正座ができない原因で紹介した

・変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

・膝の上から太もも前面の筋肉の柔軟性が少ない

これらの症状別に症例と原因、改善方法をご紹介します。

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

 

変形性膝関節症

【症状】

膝に痛みや腫れが発生します。最初の症状は座った状態から立ち上がろうとした時、歩き始め、階段の上り下りなどの動き始めに膝に痛みを感じるようになります。しばらく歩いていると痛みを感じなくなるのであまり初期段階で医者に行こうとする人は少ないです。

症状が進行すると、歩行中もずっと痛みを感じるようになり関節の曲げ伸ばしがスッと行えなくなったり、寝ている時も膝に痛みを感じるようになります。膝の曲げ伸ばしがスムーズに行えない、これまでなんともなかったのに歩いていると膝が痛むといった場合は早めに整形外科で診てもらいましょう

【発症の原因】

加齢による膝の軟骨の減少、肥満やスポーツ、O脚、骨折や半月板や靭帯の損傷などが考えられます。特に変形性膝関節症は女性の方が男性よりも発症しやすいです。

特に女性に多いO脚は膝が外側にアーチを描いて曲がっているので、普通に歩いているだけでも膝の内側の軟骨がすり減ってしまします。若いうちは膝周りの筋肉もあり、軟骨も十分にあるため痛みを感じませんが、歳を重ねていくと筋力の低下、軟骨の老化によって痛みを発症します。

痛みを放置していると字の通り膝の骨が変形して手術が必要になるケースもあります。症状が悪化する前に痛みを感じたらなるべく早く医者で診てもらうといいでしょう。O脚の女性は内腿の筋肉を鍛えてO脚を改善するなどして若いうちから改善しすることをおすすめします。

【対処法・改善方法】

まず肥満気味の方は体重を少しでも落として膝への負担を軽くしましょう。ダイエットと考えると筋トレ、ランニング、ウォーキングを想像すると思いますが、肥満気味の方がいきなりウォーキングやランニングを始めると逆に膝に負担がかかります。最初は食事制限をする、膝への負担の少ない水中ウォーキングや泳ぐなどがお勧めです。

他には膝を支えている膝の上の筋肉を鍛える、柔軟性をつけるなどもおすすめです。膝の上の筋肉を鍛えることで膝の軟骨がすり減るのを抑えることができます。

膝の上から太もも前面の筋肉の柔軟性が少ない場合

 膝の上から太ももの筋肉が固い

10代〜30代で膝が痛くて正座ができない場合は膝の上から太もも前面にかけての筋肉が硬いことが考えられます。膝の上から太もも前面の筋肉が硬いと膝の皿の動きにも制限がかかってしまいます。

正座をした時に硬くなった太ももの筋肉に膝につながっている腱が引っ張られ炎症を起こしているだけなのですが、膝が痛くて正座ができないと思い込んでいます。

原因は膝でなく縮こまって硬くなっている太ももの筋肉にあるのです。

つまりこの場合は、太ももの筋肉をほぐすことで痛みを感じずに正座できるようになります。

膝の上から太もも前面の筋肉が固まっていることが原因で、膝が痛くて正座ができない悩みを改善するストレッチをご紹介します。

膝の上から太もも前面の筋肉をほぐすストレッチ

太ももの筋肉は私たちの体の中で一番大きな筋肉です。大きな筋肉が凝り固まったり炎症を起こして動きに制限が出ていると他の部位にも負担がかかってきます。大きな筋肉だからこそ時間をかけてゆっくりほぐしていきましょう。

膝の上から太もも前面の筋肉をほぐすストレッチその①

太もものストレッチ1

1、ゆかやベットなどに後ろに両手をついて腕を伸ばした状態で両足を前に伸ばして座る。

太もものストレッチ2

2、片方の脚をお尻の方に折りたたむようにして曲げる。筋肉が凝り固まっている人は曲げれるところまで曲げましょう。決して無理せず可能な範囲で大丈夫です。

3、この状態で30秒キープします。

これを毎日お風呂上がりに1〜3セット両方の足を交互に行なってください。大きな筋肉なのでほぐれるまで時間はかかりますが毎日やることで徐々に太ももの筋肉の柔軟性があがり、膝の下の痛みや膝が痛くて正座ができない問題も改善されます。

膝の上から太もも前面の筋肉をほぐすストレッチその②

太もものストレッチ3

1、たて膝の態勢になります。

太もものストレッチ4

2、地面に膝がついている足をお尻の方に曲げて、手で足の指先あたり を持ってさらにお尻の方に寄せます。この時上体はまっすぐを保ってください。また、膝が地面にあたって痛い方は膝の下にタオルをひくといいです。

太もものストレッチ5

バランスを崩しやすいので逆は壁を押さえておくと姿勢が安定します。

3、これを30秒キープします。

こちらもお風呂上がりの筋肉が解れている時に行うと効果的です。

膝が痛くて正座ができない原因まとめ

膝が痛くて正座ができない原因は軟骨がすり減って骨の形が変形して筋肉や膝周りの細胞が炎症を起こしている「変形性膝関節症」、膝の上から太もも前面の筋肉が凝り固まっているなどが考えられます。

歩き始めや、椅子から立ち上がる時、階段の上り下りに膝に痛みを感じたら変形性膝関節症を疑って早めに整形外科で診てもらいましょう。

骨に異変がない場合は、筋肉が凝り固まっている、炎症を起こしている可能性があります。筋肉が固まっていればお風呂上がりにストレッチをして太ももの筋肉をほぐすことで膝の痛みも改善します。

整形外科でも診てもらった、ストレッチをしているけど膝が痛くて正座できない方はイオンシートを試してはどうでしょうか。

膝が痛くて正座ができない場合の解決方法はコチラです。

関連キーワード
膝の痛みの関連記事
  • 膝が痛くて歩けない(歩くと痛い)
  • 膝が痛くて立ち上がれない
  • 膝が痛くて正座ができない
  • 膝(皿)の下が痛い
  • 膝(皿)の周りが痛い
  • 膝(皿)の上が痛い
おすすめの記事
膝(皿)の周りが痛い
膝の痛み
  膝(皿)の周りが痛い場合の原因       写真は膝の周りが痛くて歩けない状態の方の例です。押圧すると、膝(皿)の周り全体に痛みが見つか...
膝の外側が痛い
膝の痛み
  膝の外側が痛い場合の原因     膝のどこが痛いか痛い部分を確認すると、左真のように膝の外側から太腿にかけてひろい範囲で痛んでいるのが分...
膝の痛みが解消した方の感想
膝の痛み
 膝の痛みで普通に歩けない方々にもたくさんお試し頂いています。多くは「変形性膝関節症」と診断されたり、レントゲンを撮っても痛みの原因が分らな...