• 側湾症 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)の改善方法
    2019年6月6日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて立ち上がれない
    2019年3月18日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて歩けない(歩くと痛い)
    2019年4月7日
  • 捻挫やその他の痛みから回復 痛み改善ブログ
    長引く捻挫の痛みが消えた!〜痛み改善体験談2〜
    2019年6月20日
  • 膝の痛み
    膝が痛くて正座ができない
    2019年3月12日
  • 背中の痛み
    背中の右側(左側)が痛い
    2019年5月9日
  • 痛み改善ブログ
    肩の痛み事例「肩が痛くて後ろに手がまわらない」
    2019年3月16日
  • 痛みが完治 痛み改善ブログ
    右足の太ももの痛みと腰痛が消えた!〜痛み改善体験談1〜
    2019年6月12日
  • 背中の痛み
    体(背骨)が曲がっている(側弯症)原因
    2019年4月23日
両足の太ももとふくらはぎの痛みがなくなった!痛みの原因は筋肉にあり〜足の痛み改善体験談〜
『太ももやふくらはぎの痛みが治らない』、『整形外科で診てもらってもレントゲンを撮って異常なしと診断されて終わり』、そんな体験をしたことはありませんか?
これは、なんとかして両足の太ももとふくらはぎの痛みを治したかったKくんが、痛みをアッ!という間に改善した体験談です。

整形外科に行くだけでは改善できなかったKくんの両足の太ももとふくらはぎの痛み

ランニング中の痛み 先日、普段から当院に通ってくださっている男性の息子さん、高校3年生のK君が来院しました。
K君は陸上部に入っていて、全国レベルの強豪校で部活に励んでおり、800mではインターハイへの出場も確実視されていた有望な選手でした。

ある時駅伝の大会で重要なエース区間を任され、自分がチームを優勝に導きたいと思いいつもより頑張ったところ、大会後から足、特に太ももとふくらはぎが痛くて全く走ることができなくなってしまい、練習に参加することも不可能な状態になってしまったとのことでした。

そこで、部活内でも有名なスポーツドクターの整形外科に行ってみたようですが、特に異常はないということで湿布を渡され貼っておくように言われたようです。

それからは言われた通り湿布を貼って安静にし、自分でマッサージやツボを押したりしていたのですが結果として状況が改善される兆しはなく、インターハイは県予選にすら参加することができなくなってしまいました。
しかし次にある高校駅伝の県予選は優勝できる可能性もあるので何としても参加したく、是非とも診てほしいということでした。

両足の太ももとふくらはぎの痛みの原因は?

痛みの部位 早速、両足の太ももとふくらはぎの痛む部位を確認しながら処置を施していったところ、思った以上に広範囲に痛みが広がっているということがわかりました。
上の写真は処置中の足の前側と後ろ側ですが、大腿直筋、大腿二頭筋、外側広筋、内側広筋など身体を支えるほとんどの筋肉が痛んでいました。

これらの痛みは全て筋肉の損傷から来るものであり、これだけ筋肉が痛んだ状況でも、筋肉はレントゲンに写らないので整形外科では全く分らないということが多いです。

今回のKくんの両足の太ももとふくらはぎの痛みの原因は、走り方によるものや筋肉を過剰に使いすぎた疲労から来るものが大きいと診断できます。筋肉の限界を超えた状態で酷使すると、筋肉が損傷してしまうのです。

太ももやふくらはぎの筋肉を痛めないためにすべきことは?

太ももやふくらはぎの痛みを訴える人はランニングをされている方に多いのですが、
  • 準備運動をしっかりとやる
  • ランニングフォームを改善する
  • 適度な練習を続けて筋肉を鍛える
こういったことに気をつけるだけで痛みを予防することができます。
また、練習直後はアイシング(患部を冷やすこと)をおすすめします。運動した直後は筋肉が傷ついた状態にあり、熱をもったいわゆる軽い炎症状態です。この炎症を早めに治すためにはアイシングが最適で、筋肉痛を軽減させる効果もあります。

放っておくと別の疾患に繋がることも…

しかし、太ももの外側が痛むという場合は早めに医師に相談し対処した方がいいでしょう。太もも外側の痛みというのは坐骨神経痛を引き起こす、もしくはもう引き起こしているという可能性があります。

坐骨神経は腰から足の先まで伸びている人体でも最も長い神経ですが、それが圧迫されると、太ももやふくらはぎだけでなく腰などにも痛みが波及します。そのままにしておくと慢性的な痛みを引き起こす原因となりますので、太もも外側の痛みには注意が必要です。

当院での処置により両足の太ももとふくらはぎの痛みがなくなったKくん

痛み回復後のランニング 処置を施すまでは痛みで軽いジョギングすらもできないという状態だったのですが、処置直後に試しに近くの公園で軽く走ってもらうと、もう走れるようになっていました。Kくんも、「え!?さっきまでは歩く時も痛かったのに、今は全く痛くない!」と言っていました。
もちろんすぐに筋肉を活発に動かすことはできないので全力の走りはさせませんでしたが、軽く走る分には全然痛みが起こらなくなったとのことでした。

あまり無理はしない方がいいのですが高校駅伝の予選が2週間後に迫っているということだったので、いきなり練習に参加したりはせずにまずは軽く走ってみてもし痛みが来るようであればその時はすぐに施術を受けに来るようにと指導しました。
さらにその後3日おきに2回の処置を継続すると、1週間後には全力で走れるようになっていました。

そして先日、テレビ中継された高校駅伝の県予選を見ていたら、元気にトップ争いをしていたので嬉しくなりました。

足の筋肉は痛みやすい!関節周りの痛みでも、筋肉の損傷を疑ってみよう!

足の筋肉は日常で最も使う筋肉のひとつですので、Kくんのように陸上などのスポーツをやっていなくても歩いていたら急に痛みが…ということもよくあります。

特に関節周辺が痛む場合ですと骨に原因がありそうと思ってしまいがちですが、そうでなかった場合は病院でレントゲンを撮っただけでは気づけません。実際はレントゲンには映らない筋肉に影響が出ていますので、その痛みを和らげる、なくす処置を行う必要があるということですね。

両足の太ももとふくらはぎの痛みやその他の部分の痛みが治らないという人こそ当院推奨の治療法をおすすめします!

今回ご紹介したKくん以外にも、『太ももやふくらはぎの痛みが治らない』、『整形外科で診てもらってもレントゲンを撮って異常なしと診断されて終わり』という方が多く来られます。

実際痛みの原因は人それぞれですが、特に痛みが長期化している場合や身体を動かすと痛むという場合は筋肉が傷ついている可能性が高いです。痛みが続くと肉体だけでなく精神的にも疲弊してしまいますので、早めの治療をおすすめします。本記事にて行った施術に関しては、以下の記事をご確認ください。

両足の太ももとふくらはぎの痛みやその他の部位の痛みが消えない場合の解決方法はコチラです。

痛み改善ブログの関連記事
  • 背中の全体が痛い!コルセットをしても改善しなかった痛みをアッという間に解消した方法とは?
  • 湿布が効かない?湿布で腰痛が消えなかったKさんが、痛みをアッという間に改善した方法
  • 膝痛の手術
    膝痛で手術は必要?〜膝の軟骨がすり減っていても手術せずに痛みを改善できたMさんの体験談〜
  • ヘルニアの手術後に痛みが悪化
    ヘルニアの手術後に痛みが悪化!ヘルニアの手術後に歩けなくなった40代男性の体験談
  • 中学生の腰痛改善談
    【中学生の腰痛改善談その2】足が重く感じるようになり、思うように走れなくなったMくんの改善談
  • 中学生の腰痛は要注意
    中学生の腰痛は要注意!〜腰痛でサッカーを諦めかけた中学生Kくんの腰痛改善談〜
おすすめの記事
腰痛がすぐ楽になる方法
背中の痛み
貴方もこんな腰痛症状ではありませんか? 『腰がアーチ状になってまっすぐできない!』 Sさん(70代女性)は腰痛歴10年以上になります。腰が完...
膝の裏側が痛い
膝の痛み
  膝の裏側が痛い場合の原因       膝裏の痛い部分を確認すると、下の写真のように膝裏全体に痛んでいるのが見つかります。個人差があって、...
腱鞘炎の痛みを速攻で改善する方法
痛み改善ブログ
只今この治療の「無料動画」を期間限定で公開しています。 下記をクリックしてアドレスを登録するだけですぐに見れます。 無料動画を見る 腱鞘炎の...
背中の右側(左側)が痛い
背中の痛み
背中の右側(左側)が痛い場合の原因     背中の痛い部分を確認していくと下の写真のような状態になっています。   《背中の痛い部分を確認し...
肩の痛み事例「肩の後(裏側)が痛い」
痛み改善ブログ
四十肩五十肩の症状で多いのは 1)肩が上に上がらない 2)腕を後ろに回せない ですが、 肩の後(裏側)が痛い場合もあります。 この場合は腕が...